タグ:TR-303 / 1stモデル ( 1 ) タグの人気記事

『TERADENIM』のお洗濯の方法

e0113420_1572874.jpg

TERADENIMの魅力の一つとして楽しんで頂きたいのはやはり「色落ち」
失敗しない為にもTERADENIMが推奨するお洗濯方法を簡単にまとめておきます。

===========================================================

①糊落とし
1stモデル/TR-303は糊の付いた状態です。なので履きこむ前に一度糊を落とします。
水orぬるま湯(熱湯は×!)で軽く洗います。汚れている訳ではないので洗剤はいりません。あと、凄い濃いインディゴなのでデニムだけで洗濯して下さい。色移り防止の為!


②干します
ボタンを閉めて、裏返しにして日陰(日向は×)で干して下さい。乾燥機は避ます。
どうして熱湯や乾燥機などの「熱」をさけるのかというと色が変化してしまう為です。
乾燥機を使った方が良い場合もありますが、日陰で充分。節電にもなります(^^)


③裾あげ
もし裾上げをする場合はこのタイミングです。糊を落とし、一度縮ませた状態で行います。


④履きこむ!
良い色落ち(アタリ)をハッキリさせるには、とにかく履きこむのみです。
着用頻度にもよりますが、Nudieと同様にTERADENIMでも6か月間が目安です。
僕はたたまず投げっぱなしです。ハンガーに掛けるのが一番良いと思います。


⑤ファーストウォッシュ
いよいよ履きこんだデニムのファーストウォッシュです!方法は①と同じになります。
しかし、汚れを落とさないと!なので洗剤を少量入れます。洗濯時間は短くて良いです。
気を付けたいのは漂白成分の入った洗剤を使用しない事と長時間洗濯しない事です。


これでファーストウォッシュまでの完成です。
きっとまだまだ濃くてアタリも出てきたかな?ぐらいかと思いますが、焦らずじっくりです。

===========================================================

セカンドウォッシュ(9~10ヵ月目)ぐらいまでには、だいぶ変化がでてくると思います。
この流れで履いて貰えれば、良い色落ちが出るはずです。ぜひ試してみて下さい!
e0113420_115876.jpg

[PR]
by gambowl | 2011-06-13 14:56 | TERADENIM